24

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon)

読感。

読感/国内小説

「インディゴの夜」 加藤実秋著

「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」―すべては女性ライター・高原晶が、大手出版社の編集者・塩谷に漏らした何気ない一言から始まった。謎めいた美形の敏腕マネージャー・憂夜の助力を得て、二人は一風変わったホストクラブ“club indigo”を渋谷の片隅に開いたが、順調な経営とはうらはらに常連の客が殺され、店のナンバーワンに疑いがかかる。晶は個性豊かなホストの面々とともににわか探偵団を結成、真犯人捜しに奔走する!第十回創元推理短編賞受賞の表題作がシリーズ化。スタイリッシュでウイットあふれる新世代探偵小説、ここに登場。

↑本の内容紹介から。

「れんげ野原のまんなかで」の帯の裏にこの本が紹介していまして、それで気になって気になって、買っちゃった。
昨日今日と読んで、いつもより日記を書く時間が遅くなりました。だって、面白かったんだもの。
軽快な感じで、キャラたちも個性豊かで、サクサクと読めます。
主人公の晶さんが、良いわー。
第1話でテツさんが晶さんに憧れるのもわかります。
ホストクラブの売り上げでお金は持っているだろうに、好きだからとライター業を続けて、服装はユニクロと無印という。流行とかに流されない、確固たる自分を持っている感じが素敵です。
他にも、オカマのなぎさママも良いキャラだし、憂夜さんって一体、何者っ?って感じで、続きが気になります。
続編が出ているので、買い決定です。
他にもホストたちの源氏名も笑います。ジョン太、犬マン、DJ本気などなど。

それにしても、これが東京なんですかねー?
田舎育ちの私は異世界のお話を読んでいる感じですよ(笑)

ドタバタした感じのもので、推理小説と身構えるものではないので、興味を持たれた方はどうぞ。
ちょっぴり社会の裏を見せ付けられる感じがしないでもないですが、読み終わっても嫌な感じはしないです。

Edit Comments(0)