14

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon)

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午著

読感/国内小説

読んだ本の感想です。

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午著

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして──。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

↑本の内容紹介から。

「あまり詳しくはストーリーを紹介できない作品です。とにかく読んで、騙されてください。あなたは最後の一文まで、ただひたすら驚き続けることになるでしょう」

と、まあ、帯に書いてありますので、あまり語らずに。
とりあえず、騙されました!
事件の真相とかそういうものではなく、××に。
固定観念の盲点を突かれた感じだったでしょうか。
ええ、そうですね。腹筋が六つに割れた×××がいても、何ら不思議じゃありませんよね。
語り口は軽快で、くすりと笑うようなところもありました。
一気に読めば、割と面白かったですよ?

……でも、好みか?と問われれば……好みじゃないです。

Edit Comments(0)