ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

「夜は短し歩けよ乙女」森見 登美彦著

読んだ本の感想です。

「夜は短し歩けよ乙女」森見 登美彦著

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

↑本の内容紹介から。

先輩と乙女の一人称が交互し、独特の語り口調で綴られる恋愛ストーリー(……なんだよね?)
春夏秋冬を通じて、乙女の後を付回し、乙女の視界に入って、外堀を埋めようとする先輩の奮闘振りと。どこまでも天然な乙女が可愛く。
笑いを堪えようとしても、喉の奥がクッと鳴ってしまう。
特に文化祭を舞台にした第三話は、「バカだ」「アホだ」と突っ込みを入れつつ、喉をクククッと鳴らしながら読んでいました。
恋愛小説が苦手な人でも、笑えると思います!(えっ?)
先輩や乙女以外の登場人物も、面白おかしい人たちでした。
途中、現実的にありえないことも、そこはファンタジーと割り切って。
第一に「神様の御都合主義」と、登場人物も言ってますから、細かいことは気にしない。気にしない。
あー、面白かった。笑った。
(……恋愛小説じゃなかったのか?)

↓表紙もなかなかに可愛いです。

夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 (2006/11/29)
角川書店

この商品の詳細を見る

top↑

コメントの投稿

secret