ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

「罪・万華鏡」佐々木丸美著

読んだ本の感想です。

「罪・万華鏡」佐々木丸美著

罠にはめられ、心を殺され、闇にとらわれた少女の叫び。
事件の真相は、心の奥底に隠されて――。
才能にあふれ、将来を嘱望された少女がおこした奇妙な殺人事件。
加害者の心理を分析する中で、吹原医師が辿りついた
人の心を蝕む“罪の源”とは……。
吹原医師が調査する4つの事件に潜む意外な真実とは?
「異常心理」「嫉妬」「被害妄想」「予知」の4篇を収録。

↑本の内容紹介から。

「館シリーズ」に吹原先生の下にやって来た患者というか、事件を、助手である……ええっと、中峰さん?(名前は小説の中では出ていなかったけれど。他の作品を読んでいたらわかる)視点から客観的に語っているので、割と淡々としています。
第一印象では思わず「キラキラしてない」とか、思ってしまいました。
詩的で美しい表現が、こう、眩いくらい散りばめられているのが、佐々木丸美さんの文章だと思っていましたから。
(「罪灯」の方も読み終わりました。こっちはもう「キラキラ」しています)
四編の作品が収録されていて、一つ一つは関係ないように見えていましたが、最後で一つに繋がります。
明言しかねる悪意に追い詰められる心。
腹の底に宿る黒さに、ちょっとだけ震えてしまうようなお話でした。

top↑

コメントの投稿

secret