29

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun)

「赤朽葉家の伝説」 桜庭一樹著

読感/国内小説

読んだ本の感想です。

「赤朽葉家の伝説」 桜庭一樹著

“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。―千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を、比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

↑本の内容紹介から。

ライトノベルの方でもお書きになっているようなのですが、私は初読みの作家さんでした。
いきなり、難しそうな本から入ったのは、他でもなく。この本が、佐々木丸美さんの「橡家の伝説」を意識して書かれた物だと、「夢館」の解説に書いてあったもので……。
(すみません、この作家さん目当てに読んだわけじゃなかったり)
で、「赤朽葉~」ですが、登場人物の名前に榛やら瞳子とあったりして。
その辺、あ、と思いましたが、それ以上は特に何とも感じませんでしたが。
お話は製鉄業を営む赤朽葉家の三世代の女性たちを描いています。孫の瞳子さんが、祖母と母から聞いたそれぞれの話を語るという形で進みます。そのせいか、客観的で淡々とした印象です。でも、読ませるかな。
それぞれの時代に生きた人間の形がよく書けているな、と思います。
時代の流れに変わってきている人生観とかね。
第三部で、ミステリー的な運びとなっていますが。
……その辺は、メインじゃないでしょう。誰が殺されたかって、割と直ぐにわかるような気がしますので。
えーと、かなりの文書量ではありましたが、割と一気に読ませて貰いました。
万葉さんの辺りはもっと読みたかったかな?
でも、佐々木丸美さんのように、他の本も手に取りたいと……思うほどには、この作家さんにはまりませんでした。
(面白くなかったというより、好みの問題かと)

Edit Comments(0)