17

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon)

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎著/「赤い竪琴」津原泰水著

読感/国内小説




割と評判の作家さんですかね? 私はこれが初読です。
手に取ったのは、この本がミステリ・フロンティア(注目しているレーベル)の第一回配本本ということで。
(買ったのは文庫発売された頃なのに、今まで手付かず)
二人の視点で交互に綴られていく構成とか、軽快な会話とか、(それでいてちょっぴり、毒を含んでいるところとか)面白かったです。
映画化もされているんですよね。しかし、これはどういう風に映像化したんだろう?
――の正体というのが、多分、このお話の一番の驚かせどころだと思うんですが。
とまあ、あまり語るとネタバレしそうなので、この辺で。
この作家さんの他の本も、読んでみたいと思いました。

「赤い竪琴」津原泰水著

津原さんの本は「ルピナス~」や「蘆屋家~」、昨日読んだ「綺譚集」のようなミステリー系(推理・怪奇・幻想)のお話ばかり読んでましたので、そういうお話をお書きになる方だと思っていましたが。
このお話は、現代の大人の恋愛小説でした(昨日言っていたようなものは含まれていない)
派手さはないですけど、じんわりと染みてくる、素敵なお話でした。
ラスト、少しウルッときた。

Edit Comments(0)