ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

「メフェナーボウンのつどう道」 古処誠二著

読感です。
感じることが多くて、だけど上手く言葉にできない自分がもどかしくなりつつ。

「メフェナーボウンのつどう道」 古処誠二著

ビルマの兵站病院で働く看護婦たちは300キロ先まで撤退を命じられた。過酷な行程では、善意も善行もすべて疑心暗鬼をかきたてる。

↑本の内容紹介から。

メフェナーボウン=お面。
心に仮面をつけて撤退するその道程を描かれた作品です。
一つ気を抜けば、命を失ってしまう戦場では時として、白衣の天使の慈愛は命を奪う。
本音と建て前と、理想と現実と。
一方向で見れば、傲慢にも映る所業の裏側に隠された気遣い。
決して言葉にできない本音や行動の裏側を、実に丁寧に描写されていました。
何が正しくて、何が間違いなのか。
その境界線を見失うような錯覚は戦争という場にあったからだと……思いたい。

メフェナーボウンのつどう道メフェナーボウンのつどう道
(2008/01)
古処 誠二

商品詳細を見る

top↑

コメントの投稿

secret